BookLive「ブックライブ」のアメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話無料試し読み


~出版界を動かす名編集者たちが赤裸々に語る、アメリカ出版界の実情の全て~本書は1996年から2006年にかけて発行された「ABJ-アメリカン・ブックジャム」に掲載された名編集者らへの10編のインタビューに、現在の電子書籍事情を伝える新たな「対談」と「出版社インタビュー」の2編を加えて再構成した、ABJ-eブックジャムシリーズ第1弾。
続きはコチラ



アメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


アメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話詳細はコチラから



アメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話


>>>アメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」アメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するアメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はアメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してアメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」アメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話の購入価格は税込で「648円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




コミックの売り上げは、何年も前から低下している状況です。定番と言われている営業戦略は捨てて、料金の発生しない無料漫画などを展開することで、新規顧客数の増大を狙っているのです。
「自宅以外でも漫画を手放したくない」などと言われる方にお誂え向きなのがBookLive「アメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話」だと言って間違いありません。その日に読みたい本を携帯することも必要なくなりますし、荷物そのものも軽量化できます。
購入したあとで、「自分が思っていたよりもありふれた内容だった」という時でも、漫画は返すことなどできないのです。しかし電子書籍なら試し読みをすることができるので、そうした事態をなくせるのです。
趣味が漫画を読むことだというのを秘匿しておきたいと言う方が、最近増えていると聞きます。部屋の中に漫画は置いておくことができないといった事情があっても、BookLive「アメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話」なら人に隠した状態で漫画を楽しむことができます。
BookLive「アメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話」のサービス内容次第ですが、1巻全部のページを料金請求なしで試し読みできるというところも存在しています。1巻は無料にして、「面白かったら、その先の巻をお金を支払って買い求めてください」という販売システムです。




アメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話概要

                    
作品名 アメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話
アメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話ジャンル 本・雑誌・コミック
アメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話詳細 アメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話(コチラクリック)
アメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話価格(税込) 648円
獲得Tポイント アメリカン・エディターズ アメリカの編集者たちが語る出版界の話(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ