BookLive「ブックライブ」のロディオ・バム無料試し読み


スポーツだけではないロディオの名残りをとどめた男が町にポツンと。ロディオ・バム(Rodeo Bum)のBumとは、浮浪者や怠け者、ルンペン、無能の者、といった意味。ブロンク・ライダーと呼ばれる一人の男の中にはロディオがもたらす熱狂、すなわちどこか人間をダメにしてしまう要素とロディオがスポーツになっていく過程でそぎ落ちた、ロディオのルーツに係わる何ものかが残っているようだ。だから、大会のためやってきた数百人のライダーたちが町を後にしても彼はまだ酒場で飲んでいる、一人のlooser(負け犬)として。ようやくその彼も町を去る時、取り残される白のサンダーバードがあまりに美しい。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



ロディオ・バム無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ロディオ・バム詳細はコチラから



ロディオ・バム


>>>ロディオ・バムの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」ロディオ・バムの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するロディオ・バムを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はロディオ・バムを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してロディオ・バムを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」ロディオ・バムの購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




漫画好きだということを内緒にしておきたいと言う人が、ここ最近増えていると言われます。自室に漫画を隠しておく場所がないというようなケースでも、BookLive「ロディオ・バム」を利用することで人に内緒のままで閲覧することができます。
最新刊が出るたび書店まで買いに行くのは面倒ですよね。とは言いましても、まとめて購入するのはつまらなかったときの金銭的及び精神的ダメージが大きいです。BookLive「ロディオ・バム」は読む分だけ買えるので、失敗がありません。
スマホで読むことのできる電子書籍は、ご存知かと思いますが文字の大きさを自分用に調節することができますから、老眼の為に読書から遠ざかっていた60代以降の方でもスラスラ読めるという強みがあると言えます。
毎月の本代は、1冊単位での価格で見ればあまり高くありませんが、たくさん購入してしまうと、1ヶ月の合計金額はかなり膨らむことになります。読み放題でしたら利用料が定額のため、支払を節減できるというわけです。
毎月定額を払ってしまえば、多岐にわたる書籍を何十冊でも読むことができるという読み放題プランが電子書籍で人気を博しています。毎回毎回購入する手間が掛からないのが一番のおすすめポイントです。




ロディオ・バム概要

                    
作品名 ロディオ・バム
ロディオ・バムジャンル 本・雑誌・コミック
ロディオ・バム詳細 ロディオ・バム(コチラクリック)
ロディオ・バム価格(税込) 270円
獲得Tポイント ロディオ・バム(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ