BookLive「ブックライブ」の給料日無料試し読み


やることは、ただひたすら金を使うことだけ。どこにも寄りかからない真性の無頼な時間がここにある。給料日のサラリーマン。懐には20万弱の金がある。会社帰り、男は地下鉄丸ノ内線で新宿に出る。ゲーム・センターで金を使い、パチンコで使い、飲み屋を何軒もハシゴし、誘われるままに風俗店に行き、一晩で彼はすべての給料を使ってしまう。憂さを晴らしているわけでもないようだ。自暴自棄でもない。金があり余っているわけでもない。病的でもないらしい。男は金を払う。なぜなら金を持っているから。新宿とはそういう街だから。感情にも意味にも事件にも寄せず、新宿を描ききった稀有のハードボイルド小説。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



給料日無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


給料日詳細はコチラから



給料日


>>>給料日の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」給料日の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する給料日を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は給料日を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して給料日を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」給料日の購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「本棚が漫画で溢れている状態で収納場所がないから、買いたくても買えない」という心配が不要なのが、BookLive「給料日」の便利なところです。どんなに数多く購入し続けても、整理整頓を考えずに済みます。
「外出中であっても漫画を読み続けたい」という人に最適なのがBookLive「給料日」だと言っても過言じゃありません。漫画を持ち歩くことも不要になりますし、手荷物の中身も重たくならずに済みます。
BookLive「給料日」がアラフォー世代に話題となっているのは、幼いときに何遍も読んだ漫画を、改めて手っ取り早く見ることができるからに違いありません。
一日一日を大切にしたいのであれば、空き時間を合理的に活用すべきです。アニメ動画を見るくらいは通勤の途中でもできますので、そういった時間を利用するのがおすすめです。
漫画が趣味な人にとって、コレクションしておくための単行本は価値があると理解できますが、「とにかく読めればいい」という人であれば、スマホで見れるBookLive「給料日」の方が重宝します。




給料日概要

                    
作品名 給料日
給料日ジャンル 本・雑誌・コミック
給料日詳細 給料日(コチラクリック)
給料日価格(税込) 270円
獲得Tポイント 給料日(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ