BookLive「ブックライブ」の高原のティー・タイム無料試し読み


高原の静かなティー・タイムは、にぎやかな劇を挟んで、再び画面にあらわれる。小説においては、このような物語も可能なのか?そうだ、むろん、十分に可能だ、とでもいうような一編。最初と最後に、1つの視点がある。その視点はフィクスで、テレビ画面を観ている。紅茶のCMが表れる。秋の高原のティー・タイムだ。CMが終わったら、番組が始まるだろう。こちらはうってかわってにぎやかだ。うるさいほど。番組の背後にあるアクションの積み重ねも、せわしない。やがて、人によっては「惨劇」と呼びたくなる場面を映したあとテレビは再び、高原のティー・タイムに戻る。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



高原のティー・タイム無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


高原のティー・タイム詳細はコチラから



高原のティー・タイム


>>>高原のティー・タイムの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」高原のティー・タイムの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する高原のティー・タイムを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は高原のティー・タイムを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して高原のティー・タイムを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」高原のティー・タイムの購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




様々な本を耽読したいという読書好きにとって、あれこれ購入するのはお財布に優しくないものです。でも読み放題であれば、利用料を節約することもできるというわけです。
電子書籍というものは、気付かないうちに料金が高くなっているという可能性があるのです。対して読み放題に申し込めば月額料金が増えることはないので、ダウンロードし過ぎても支払金額がバカ高くなるという心配がありません。
漫画と言うと、「若者をターゲットにしたもの」というふうにイメージしているのではないでしょうか?ところがここ最近のBookLive「高原のティー・タイム」には、中年層の方が「感慨深いものがある」と口にされるような作品も豊富にあります。
書籍の販売低迷が指摘される昨今ですが、電子書籍は新たな販売方法を採り入れることにより、新規顧客を右肩上がりに増やしています。斬新な読み放題というプランが多くの人に受け入れられたのです。
書籍を買い求める場合には、BookLive「高原のティー・タイム」サービスで触りだけ試し読みするということが大事です。大まかなあらすじや人物などのビジュアルを、DLする前に見ておくことができます。




高原のティー・タイム概要

                    
作品名 高原のティー・タイム
高原のティー・タイムジャンル 本・雑誌・コミック
高原のティー・タイム詳細 高原のティー・タイム(コチラクリック)
高原のティー・タイム価格(税込) 270円
獲得Tポイント 高原のティー・タイム(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ