BookLive「ブックライブ」の寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年無料試し読み


昭和42(1967)年、夫の転勤先の四国・高松で長男を産んだ。線路際の宿舎の横を蒸気機関車が現役で走っていた。以来、長くて4年、短いときは1年で引っ越しを繰り返す――。夜中に帰ってきたとたん電話が鳴って職場に引き返すなど昼も夜もなく仕事に奔走する夫、赴任地で生まれ成長していく子どもたち、夫の上司夫妻との交流や国鉄アパートでの人間模様…。国鉄職員の仕事ぶりとそれを支えた家族の記憶が、国鉄が変革を迫られていく時代風景とともに語られていく。国鉄マンの妻が紡ぐ、“あの時代”の物語。石井妙子(いしい たえこ)昭和18(1943)年、東京生まれ。証券会社勤務時代に、国鉄職員である石井康祐(後のJR東日本発足時取締役)と結婚。3人の男児を産み育てながら、国鉄職員である夫を支える。60代半ばに差しかかり、国鉄職員とその家族がどのように働き、暮らしたのかについて「本を書いておこう」と思い立ち、本書を執筆。平成18(2006)年12月、『国鉄発・JR行き 自動制御な家族の旅』のタイトルで、岩波出版サービスセンターより自費出版。夫とともに千葉県在住。
続きはコチラ



寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年詳細はコチラから



寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年


>>>寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年の購入価格は税込で「756円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




Web上にある通販サイトでは、おおよそ表紙・タイトルの他、大ざっぱな内容しか分かりません。だけれどBookLive「寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年」でしたら、何ページ分かは試し読みすることができるようになっているのです。
無料漫画については、店舗での立ち読みみたいなものだと考えられます。本の内容を大ざっぱに把握してから買えますので、利用者も安心感が増します。
数多くの人が無料アニメ動画を利用しているようです。隙間時間とかバスとか電車での移動中の時間などに、気軽にスマホで見ることができるというのは本当に便利です。
「比較は一切せずに選定した」というような方は、無料電子書籍はどこも同じようなものという認識を持っているのかもしれないですが、サービス内容に関しましては運営会社によって変わりますから、比較&検討することは不可欠です。
スマホを使って読む電子書籍は、嬉しいことに文字サイズを視力に合わせることが可能となっていますから、老眼で近場が見えない60代以降の方でも難なく読むことができるという特長があります。




寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年概要

                    
作品名 寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年
寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年ジャンル 本・雑誌・コミック
寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年詳細 寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年(コチラクリック)
寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年価格(税込) 756円
獲得Tポイント 寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ