BookLive「ブックライブ」の銀の鬼(13)無料試し読み


おまえが大きくなったら必ずむかえにいくぞ――夏乃ふぶきは幼い頃、銀色の鬼が人をさらって殺して食べる姿を見てしまう。鬼の影に怯えながら17歳に育ったふぶきは、担任である島影十年(しまかげとね)に淡い恋心を抱き、長年の苦しみを島影先生に相談してしまう。すると…!? 一面の薔薇、甘いお菓子の家…千年の孤独と過去を抱える鬼と、少女と猫の不思議な絆を描く、禁断の恋愛ファンタジー!その後のお話へと繋がります。
続きはコチラ



銀の鬼(13)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


銀の鬼(13)詳細はコチラから



銀の鬼(13)


>>>銀の鬼(13)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」銀の鬼(13)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する銀の鬼(13)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は銀の鬼(13)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して銀の鬼(13)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」銀の鬼(13)の購入価格は税込で「216円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




老眼が進んで、近くの物が見えなくなってきたという活字中毒症の高齢者にとって、スマホで電子書籍を読むことができるというのはすごいことなのです。フォントサイズを自分用に調節できるからです。
コミックブックと言うと、「少年少女をターゲットに作られたもの」というふうに思い込んでいるのではないでしょうか?ですが今はやりのBookLive「銀の鬼(13)」には、40代以降の方が「青春を思いだす」と口にされるような作品も複数あります。
スマホを介して読む電子書籍は、一般的な書籍と違いフォントの大きさを自分好みに変えることができるため、老眼が進んでしまったアラフォー世代以降の方でも難なく読むことができるという優位性があるのです。
本代というのは、1冊単位での価格で見ればあまり高くありませんが、いっぱい購入すれば、月単位の利用料金は嵩むことになってしまいます。読み放題を活用すれば固定料金に抑えられるため、書籍代を節約できるはずです。
「どのサイトを通して本を買うことにするか?」というのは、結構大切な事です。料金や利用の仕方などに差異があるのですから、電子書籍というのはあれこれ比較して判断しなければならないと断言します。




銀の鬼(13)概要

                    
作品名 銀の鬼(13)
銀の鬼(13)ジャンル 本・雑誌・コミック
銀の鬼(13)詳細 銀の鬼(13)(コチラクリック)
銀の鬼(13)価格(税込) 216円
獲得Tポイント 銀の鬼(13)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ