BookLive「ブックライブ」の鏡が必要です無料試し読み


私は鏡、鏡は彼女、彼女は私不可思議な短編小説である。登場人物は3人。女が2人で男が1人。しかし女のうちの1人は、確かにそういう女性が存在すると会話の中で示されるだけで実物はシーンの中に現れない。そしてその現れない彼女と今ここにいるもう1人はとてもよく似ていて、服も共有、部屋も共有、そしてどちらがどちらなのかわからなくなる瞬間がある、というその生活が、女と男の食事中の軽い会話の中で明らかになる。鏡の中のエロス、としてのポルトレ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



鏡が必要です無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


鏡が必要です詳細はコチラから



鏡が必要です


>>>鏡が必要ですの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」鏡が必要ですの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する鏡が必要ですを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は鏡が必要ですを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して鏡が必要ですを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」鏡が必要ですの購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




スマホやiPadの中に漫画を全てダウンロードすることにすれば、本棚に空きがあるかどうかについて気を配ることも不要になります。とりあえずは無料コミックから読んでみることをおすすめします。
「乗車中に漫画を開くのは恥ずかし過ぎる」と言われる方でも、スマホに直接漫画をダウンロードすれば、人目を気にすることがなくなります。この点がBookLive「鏡が必要です」の良いところです。
電子書籍のニードは、時が経つほどに高くなってきているようです。こうした状況下において、利用者が増加しているのが読み放題というプランなのです。購入代金を気にせず利用できるのが人気の秘密です。
近年、電子書籍業界では従来にない斬新な「読み放題」というサービスが誕生し評判となっています。1冊単位でいくらではなくて、1カ月単位でいくらという課金方式を採っているのです。
販売から年数がたった漫画など、書店では取り寄せを頼まないと読むことができない書籍も、BookLive「鏡が必要です」の形でたくさん並んでいるため、その場で直ぐにゲットして読み始めることができます。




鏡が必要です概要

                    
作品名 鏡が必要です
鏡が必要ですジャンル 本・雑誌・コミック
鏡が必要です詳細 鏡が必要です(コチラクリック)
鏡が必要です価格(税込) 270円
獲得Tポイント 鏡が必要です(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ