BookLive「ブックライブ」の誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻無料試し読み


上代誠(かみしろまこと)25歳。「自分が選ぶとよくないことが起きる」と主張し、あらゆる選択を避けてきた。そんな誠に突然送られてきた謎のメール。「選択せよ。さもなくば君の世界は終息する」 「選択」してしまった誠が見たものは古い木造校舎の小学校、そして自分と同じ顔の青年2人……。1人は若きIT社長、1人は愛妻家の専業主夫、2人ともある「事件」によって人生が分岐し生じた並行世界の誠自身だった。遠い過去に置き去りにされた「事件」の真相、そして自分自身。誰があの子を殺したのか、誰が自分を殺したのか、そしてそこから救われるには…?
続きはコチラ



誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻詳細はコチラから



誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻


>>>誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻の購入価格は税込で「108円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




漫画や書籍は、本屋で軽く読んで買うか買わないかを確定する人が大半だと聞きます。けれど、ここ最近はBookLive「誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻」を利用して冒頭部分だけ読んで、その本を購入するか決めるという方が増えつつあります。
お店では、本棚に並べる漫画の立ち読みを禁止するために、カバーをかけるのが普通です。BookLive「誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻」でしたら試し読みが可能ですから、絵柄や話などを見てから買うかどうかを判断可能です。
昔のコミックなど、お店では発注をかけてもらわないと買うことができない作品も、BookLive「誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻」としてたくさん販売されていますから、スマホのボタンを操作するだけで買って読み始めることができます。
漫画雑誌を買い揃えると、いずれ収納できなくなるという問題にぶつかります。けれども実体を持たないBookLive「誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻」なら、保管に苦労することは一切ないので、気軽に楽しむことが可能なのです。
本や漫画の購入代金は、1冊のみの料金で見れば安いと言えますが、何冊も購入すれば月単位の利用料金は嵩んでしまいます。読み放題ならば月額料が決まっているので、出費を節約できます。




誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻概要

                    
作品名 誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻
誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻ジャンル 本・雑誌・コミック
誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻詳細 誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻(コチラクリック)
誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻価格(税込) 108円
獲得Tポイント 誰が殺したの?それは僕と僕が言った 3巻(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ