BookLive「ブックライブ」の三日月と会話する無料試し読み


短篇小説のタイトルは、未来の短篇小説からもたらされる『甘く優しい短篇小説』と題された短篇集に収録された作品たちはそれぞれ「短篇小説を書く」ということがどのようなことかが描かれ、作家・野村五郎を共通の登場人物にしている。この短篇もそれらの中の一つだ。別の短篇「甘く優しい短篇小説」では2人の女性が登場したがここでは3人。いや、その3人もやがて女性3人ではなく、それぞれのジェンダーが割り振られ、バランスを変えていく。そしてこのタイトルは、野村五郎が女性からヒントをもらい、未来に向けて構想する短篇のタイトルがそのまま定着したものだ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



三日月と会話する無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


三日月と会話する詳細はコチラから



三日月と会話する


>>>三日月と会話するの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」三日月と会話するの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する三日月と会話するを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は三日月と会話するを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して三日月と会話するを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」三日月と会話するの購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




移動している間などの空き時間に、無料漫画をさらっと見て面白そうな漫画を発見しておけば、週末などの時間が確保できるときに購読して残りを読むこともできちゃいます。
購入前に中身を確認することができるとすれば、買ってから悔やまなくて済みます。本屋さんでの立ち読みと同様に、BookLive「三日月と会話する」においても試し読みをすることによって、内容の確認ができます。
漫画などの本を買う際には、パラパラとストーリーをチェックしてから決断する人の方が多いです。無料コミックなら、立ち読みと変わらない感じで内容を見ることも簡単だというわけです。
1日24時間を効率的に過ごしたいとおっしゃるなら、空き時間を如才なく活用すべきでしょう。アニメ動画の視聴くらいは電車移動中でもできることですから、そのような時間を利用するようにすべきです。
BookLive「三日月と会話する」は持ち運びやすいスマホやタブレット端末で閲覧することができます。初めだけ試し読みをしてみてから、その漫画を買うかどうかを決断するという方が少なくないとのことです。




三日月と会話する概要

                    
作品名 三日月と会話する
三日月と会話するジャンル 本・雑誌・コミック
三日月と会話する詳細 三日月と会話する(コチラクリック)
三日月と会話する価格(税込) 270円
獲得Tポイント 三日月と会話する(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ