BookLive「ブックライブ」の愛の基礎としての会話無料試し読み


「私は」と「私も」片岡義男の小説にはしばしば作家が登場し、今まさに思いついたストーリーを目の前の相手(作家はたいてい男で相手は女だ)に向かって語ることで成立している作品群がある。ここでの女性は金髪で青い瞳のアメリカ人女性だ。彼女は、日本語が日本人に無意識のうちにもたらしているものを分析した本を書こうとしている。日本語と英語をめぐる二人の批評的な会話の中で彼は彼女が放った「私は」を「私も」に変更することを要求する。それは信頼関係にある、そして異文化に属する二人のあいだにかけられた美しい橋である。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



愛の基礎としての会話無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


愛の基礎としての会話詳細はコチラから



愛の基礎としての会話


>>>愛の基礎としての会話の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」愛の基礎としての会話の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する愛の基礎としての会話を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は愛の基礎としての会話を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して愛の基礎としての会話を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」愛の基礎としての会話の購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




入手してから「考えていたよりも楽しめなかった」ってことになっても、書籍は返品できません。しかし電子書籍ならあらかじめ試し読みができるので、そうした失敗を防ぐことができるのです。
最初に試し読みをしてマンガの内容を確認してから、納得して買えるのが、気軽にアクセスできるWeb漫画の利点と言っても良いでしょう。決済する前にストーリーを把握できるので失敗することがほとんど皆無です。
漫画離れが指摘される昨今ですが、電子書籍は斬新な仕組みを導入することで、ユーザー数を右肩上がりに増やしています。今までになかった読み放題という販売方法がそれを成し得たのです。
多くの書店では、本棚に並べる漫画の立ち読みを禁止するために、シュリンクをするのが一般的と言えるでしょう。BookLive「愛の基礎としての会話」を有効利用すれば試し読みが可能ですから、漫画の趣旨を理解してから買い求めることができます。
マンガの売上は、毎年のように縮減している状況なのです。昔ながらの販売戦略に固執せず、誰でも読める無料漫画などを採り入れることで、利用者の増加を企図しています。




愛の基礎としての会話概要

                    
作品名 愛の基礎としての会話
愛の基礎としての会話ジャンル 本・雑誌・コミック
愛の基礎としての会話詳細 愛の基礎としての会話(コチラクリック)
愛の基礎としての会話価格(税込) 270円
獲得Tポイント 愛の基礎としての会話(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ