BookLive「ブックライブ」の私とキャッチ・ボールをしてください無料試し読み


男のこでなくておあいにくさまさりげない遭遇の冒頭から女と男、二人の高校生がするすると川原でキャッチ・ボールをする場面にたどりついてしまう。気持ちと気持ちの交換を比喩で表現する際に人は「キャッチ・ボール」という言葉をしばしば使うがここにあるのは本物のキャッチ・ボールでありボールを投げることと受けること、その人が投げるボールに対するさわやかな驚きこそが主役である。二人には、両親の離婚、という共通点があり、そしてそれぞれの片親(男子の母、女子の父)もまたキャッチ・ボールの場面に現れるのがユニークだ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



私とキャッチ・ボールをしてください無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


私とキャッチ・ボールをしてください詳細はコチラから



私とキャッチ・ボールをしてください


>>>私とキャッチ・ボールをしてくださいの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」私とキャッチ・ボールをしてくださいの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する私とキャッチ・ボールをしてくださいを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は私とキャッチ・ボールをしてくださいを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して私とキャッチ・ボールをしてくださいを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」私とキャッチ・ボールをしてくださいの購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




スマホやパソコンに漫画を全て保存すれば、本棚に空きがあるかどうかについて気に掛ける必要などないのです。一回無料コミックから読んでみてはどうですか?
多くの本屋では、売り物の漫画を立ち読みさせないために、シュリンクをするのが通例です。BookLive「私とキャッチ・ボールをしてください」でしたら試し読みができますから、漫画の趣旨を理解してから買うか判断できます。
月額の利用料金が固定のサイト、登録することなしに利用可能なサイト、1巻単位で決済するサイト、無料のコミックが沢山あるサイトなど、コミックサイトも何だかんだと違いが見受けられますので、比較していただきたいですね。
書籍は返すことが出来ないので、内容を見てからお金を払いたい人には、試し読みで確かめられる無料電子書籍は大変お得です。漫画も中身を読んでから購入可能です。
BookLive「私とキャッチ・ボールをしてください」の販促戦略として、試し読みができるというシステムは文句なしのアイデアだと考えます。どんなときでも大体の内容をチェックすることができるので、わずかな時間を有効活用して漫画を選定することができます。




私とキャッチ・ボールをしてください概要

                    
作品名 私とキャッチ・ボールをしてください
私とキャッチ・ボールをしてくださいジャンル 本・雑誌・コミック
私とキャッチ・ボールをしてください詳細 私とキャッチ・ボールをしてください(コチラクリック)
私とキャッチ・ボールをしてください価格(税込) 270円
獲得Tポイント 私とキャッチ・ボールをしてください(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ