BookLive「ブックライブ」の写真は二枚とも靴箱のなか無料試し読み


二つの過去は、やがて一つの現在になる外から自分の部屋に一人で帰って来た時、何を感じるか。その感じ方の移ろいが、いわばこの短篇小説の主題かもしれない。37歳。夏休みはむなしく徒労に終わり、ビールも食事もうまくない。40歳。ある1枚の写真と、自分の誕生日をきっかけに、変化が生まれる。男はいささかの興奮と精彩を取り戻す。43歳。3年前のアクションのおかげで、彼は新たな時間を手に入れた。1枚の写真が引き金になってもう1枚の写真が生まれ、そして今、部屋はまったく違う部屋に変わったのだ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラ



写真は二枚とも靴箱のなか無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


写真は二枚とも靴箱のなか詳細はコチラから



写真は二枚とも靴箱のなか


>>>写真は二枚とも靴箱のなかの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」写真は二枚とも靴箱のなかの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する写真は二枚とも靴箱のなかを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は写真は二枚とも靴箱のなかを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して写真は二枚とも靴箱のなかを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」写真は二枚とも靴箱のなかの購入価格は税込で「270円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




読み放題というのは、電子書籍業界においては真に革新的とも言える挑戦になるのです。読む方にとっても販売者サイドにとっても、プラスの面が多いと考えられます。
毎月頻繁に漫画を買うという方にしてみれば、月額利用料を納めることで何十冊でも読み放題という形で楽しめるというユーザーからの評価も高いシステムは、まさしく革命的だという印象でしょう。
ショップには置かれていないような少し前に流行った作品も、電子書籍では売られています。無料コミックのラインナップには、40代以上の世代が幼い頃に読んでいた漫画が含まれていることもあります。
長期間連載している漫画はまとめて購入しないといけないため、さしあたって無料漫画で中身を覗いてみるという人が多くいます。やはり中身を読まずに購入するかどうか決めるのはハードルが高いのでしょう。
漫画好きだということを他人に知られたくないという人が、この頃は増加しているらしいです。部屋の中に漫画を放置したくないと言われる方でも、BookLive「写真は二枚とも靴箱のなか」の中だけであれば誰にも気兼ねせずに漫画がエンジョイできます。




写真は二枚とも靴箱のなか概要

                    
作品名 写真は二枚とも靴箱のなか
写真は二枚とも靴箱のなかジャンル 本・雑誌・コミック
写真は二枚とも靴箱のなか詳細 写真は二枚とも靴箱のなか(コチラクリック)
写真は二枚とも靴箱のなか価格(税込) 270円
獲得Tポイント 写真は二枚とも靴箱のなか(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ