BookLive「ブックライブ」のディスクシステム(裏)報告書無料試し読み


ファミリーコンピュータがブームとなっていた1986年。任天堂が打ち出した一大プロジェクトが「ディスクシステム」だった。新しいゲームを生み出すために、任天堂が挑んだ野望を今一度振り返ってみよう。〈主な内容〉●ディスクシステム開発秘話●ディスクドライブの仕組み●ディスクシステムのビジネスモデル●ディスクシステムのネットワーク構想●ディスクシステム名作・珍作20選●ディスクシステムサービス終了※本書は『月刊ゲームラボ』に掲載された記事を電子版として再編集したものです。そのため、記述は掲載当時の情報にもとづいています。価格・仕様の変更等が行われていたり、サービスが終了している場合があります。なお、各記事の初出は以下のとおりです。・2016年5月号(P066-080)一部画像の削除等、紙版とは異なる場合があります。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。本書はあくまで報道の見地から「事実」を掲載したものです。「事実」を実際に行い、万が一事故やトラブルに巻き込まれた場合でも、小社および筆者は一切の責任を負いかねます。本書に掲載された情報の取り扱いはすべて自己責任で行ってください。
続きはコチラ



ディスクシステム(裏)報告書無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ディスクシステム(裏)報告書詳細はコチラから



ディスクシステム(裏)報告書


>>>ディスクシステム(裏)報告書の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」ディスクシステム(裏)報告書の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するディスクシステム(裏)報告書を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はディスクシステム(裏)報告書を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してディスクシステム(裏)報告書を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」ディスクシステム(裏)報告書の購入価格は税込で「216円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




コミックサイトの最大の魅力は、扱うタイトル数が半端なく多いということだと思います。売れずに返品する問題が起こらないので、多岐に及ぶ商品を揃えることができるのです。
無料電子書籍をDLしておきさえすれば、やることがなくなって時間のみが経過していくなんてことがなくなると思います。シフトの合間や電車での移動中などにおきましても、結構エンジョイできるはずです。
「目に見える場所に所持しておきたくない」、「購読していることを内緒にしたい」ような漫画であったとしても、BookLive「ディスクシステム(裏)報告書」を有効利用すれば誰にも知られずに読み放題です。
漫画や本を多く読みたいという読書家にとって、あれこれ購入するのは金銭的にも負担が大きいと言えます。だけども読み放題というプランなら、利用料を格安に抑えることができるので負担が軽くなります。
無料電子書籍を利用するようにすれば、手間暇かけて店舗まで出向いて行って立ち読みをする手間が省けます。そんなことをしなくても、スマホの「試し読み」で内容のリサーチができてしまうからなのです。




ディスクシステム(裏)報告書概要

                    
作品名 ディスクシステム(裏)報告書
ディスクシステム(裏)報告書ジャンル 本・雑誌・コミック
ディスクシステム(裏)報告書詳細 ディスクシステム(裏)報告書(コチラクリック)
ディスクシステム(裏)報告書価格(税込) 216円
獲得Tポイント ディスクシステム(裏)報告書(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ