BookLive「ブックライブ」の消えたゲームメーカー調査報告書無料試し読み


浮き沈みの激しいゲーム業界。特に印象的な16メーカー(ハドソン、アトラス、ゲームリパブリック、フライト・プラン、セタ、コンパイル、ヒューマン、ワープ、データイースト、日本テレネット、SNK、シング、アローマ、Jフォース、カネコ、スマイルソフト)の沈没に迫る!〈主な内容〉●実録! 元社員が集結したハドソン最後の夜●消えたメーカーにまつわるキーワード5●異業種からの参入メーカーたち●メーカー倒産顛末FILE●大手メーカー独立組の今※本書は『月刊ゲームラボ』に掲載された記事を電子版として再編集したものです。そのため、記述は掲載当時の情報にもとづいています。価格・仕様の変更等が行われていたり、サービスが終了している場合があります。なお、各記事の初出は以下のとおりです。・2012年4月号(P177-192)一部画像の削除等、紙版とは異なる場合があります。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。本書はあくまで報道の見地から「事実」を掲載したものです。「事実」を実際に行い、万が一事故やトラブルに巻き込まれた場合でも、小社および筆者は一切の責任を負いかねます。本書に掲載された情報の取り扱いはすべて自己責任で行ってください。
続きはコチラ



消えたゲームメーカー調査報告書無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


消えたゲームメーカー調査報告書詳細はコチラから



消えたゲームメーカー調査報告書


>>>消えたゲームメーカー調査報告書の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」消えたゲームメーカー調査報告書の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する消えたゲームメーカー調査報告書を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は消えたゲームメーカー調査報告書を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して消えたゲームメーカー調査報告書を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」消えたゲームメーカー調査報告書の購入価格は税込で「216円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




数多くのサービスに打ち勝って、このところ無料電子書籍が一般化していきている理由としては、町の書店が少なくなっているということが想定されると聞いています。
バッグを持ちたくない男性たちにとって、スマホで無料電子書籍に夢中になれるというのはすごく助かります。荷物の量は変わらないのに、ポケットに保管して本とか漫画を持ち運べるわけです。
小さい頃から単行本という形になったものを買っていたとおっしゃるような方も、電子書籍を試してみた途端、普通の本に不便さを感じるようになるということが多いとのことです。コミックサイトもいろいろとありますから、絶対に比較してからチョイスすることが不可欠です。
空き時間を楽しくするのに一番合っているサイトとして、定着してきているのが簡単にアクセスできるBookLive「消えたゲームメーカー調査報告書」です。本屋に通って漫画を探さなくても、スマホを1台用意すれば好きな時に読めるという所が良い点です。
日常とはかけ離れた物語の世界に没頭するのは、日頃のストレス解消に半端なく有効です。複雑怪奇な話よりも、単純で分かりやすい無料アニメ動画などが良いでしょう。




消えたゲームメーカー調査報告書概要

                    
作品名 消えたゲームメーカー調査報告書
消えたゲームメーカー調査報告書ジャンル 本・雑誌・コミック
消えたゲームメーカー調査報告書詳細 消えたゲームメーカー調査報告書(コチラクリック)
消えたゲームメーカー調査報告書価格(税込) 216円
獲得Tポイント 消えたゲームメーカー調査報告書(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ