BookLive「ブックライブ」の祝祭日要義無料試し読み


神道学者河野省三が語る祝祭日の意義。大正5年(1916年)に刊行された内容は、戦前の祝日がどのようなものだったかを教えてくれる貴重な資料。同じ祝日であっても、戦前と戦後では意味が大きく変わっていることが、はっきりと読み取れ、戦前の日本の生活の一端が見えてくる。※本製品は、国会図書館デジタルコレクションの画像データをもとに作成されています。一部に読みにくい箇所があります。
続きはコチラ



祝祭日要義無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


祝祭日要義詳細はコチラから



祝祭日要義


>>>祝祭日要義の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」祝祭日要義の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する祝祭日要義を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は祝祭日要義を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して祝祭日要義を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」祝祭日要義の購入価格は税込で「108円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




漫画をはじめとした書籍の代金は、1冊ずつの代金で見れば安いと言えますが、たくさん購入してしまうと、毎月の支払は高くなってしまいます。読み放題ならば固定料金に抑えられるため、書籍代を節減できるというわけです。
電子書籍というものは、気が付いたころには支払が高額になっているということが十分あり得るのです。対して読み放題に申し込めば月額料が固定なので、どんなに読んだとしても支払額が高額になるなんてことはないのです。
「漫画が多過ぎて参っているので、買うのを辞めてしまう」という状況にならずに済むのが、BookLive「祝祭日要義」が支持される理由です。たくさん購入しようとも、収納スペースを気にする必要なしです。
老眼に見舞われて、近くにあるものが見えにくくなってしまったという読書が好きな高齢者には、スマホで電子書籍が読めるようになったというのは、物凄く意味のあることなのです。フォントの大きさを自分用に調節できるからです。
現在進行形で連載されている漫画はまとめて購入する必要があるため、とりあえず無料漫画でちょっとだけ読むという人が稀ではないようです。やっぱり大まかな内容を知らずに書籍を買うというのはハードルが高いのだと言えます。




祝祭日要義概要

                    
作品名 祝祭日要義
祝祭日要義ジャンル 本・雑誌・コミック
祝祭日要義詳細 祝祭日要義(コチラクリック)
祝祭日要義価格(税込) 108円
獲得Tポイント 祝祭日要義(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ