BookLive「ブックライブ」の15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年無料試し読み


幼い頃から蒸気機関車にあこがれていた著者は、戦時中の昭和18年、14歳で国鉄(当時は鉄道省)に就職。名古屋機関区の一員となり、機関車掃除をする「庫内手」に。全身が真っ黒になる辛い機関車磨きの日々を乗り越え、鉄道教習所での訓練を終えると、晴れて機関助士に。やがて、花形の東海道線に乗務する。機関士と機関助士の固い絆、乗務する機関車と客車が間一髪で空襲を免れたこと、空襲による仲間の殉職。終戦の日、敗戦のショックで茫然自失の中、機関士に励まされていつも通り汽車を走らせた・・・・・・。機関車乗務員の青春の記録。川端 新二(かわばたしんじ)昭和4年(1929)1月、福井県福井市生まれ。昭和18年3月国民学校高等科卒業。18年4月国鉄に就職し、名古屋機関区庫内手となる。19年6月機関助士となり、関西本線や東海道本線の蒸気機関車に乗務。28年からは電気機関車で機関助士を務めた後、32年7月蒸気機関車に戻り、機関士に。名古屋地区最後の蒸気機関車に乗務。その後は電気機関士として、東海道線のブルートレインなどに乗務。指導機関士として3年間、後進の指導をした後、59年3月退職。著書に「ある機関士の回想(イカロス出版刊)」がある。※電子書籍の仕様による紙版と異なる図版・表・写真の移動、本文中の参照指示の変更、ほか一部修正・訂正を行っている箇所があります。予めご了承ください。
続きはコチラ



15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年詳細はコチラから



15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年


>>>15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年の購入価格は税込で「756円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




電子書籍の関心度は、日を追うごとに高くなりつつあります。そういう状況の中で、利用者がじわじわ増加しているのが読み放題というプランだと教えてもらいました。購入代金を気にしなくても大丈夫なのが支持されている大きな要因です。
書店では販売していないような古いタイトルも、電子書籍では売られています。無料コミックのラインナップ中には、アラフィフ世代が若かりし頃に満喫した漫画もかなりの確率で含まれています。
「どの業者で書籍を購入することにするのか?」というのは、想像以上に大切なことだと思います。料金やシステムなどが異なるのですから、電子書籍につきましては比較しなくてはいけません。
電車を利用している間も漫画を読みたいと望む人にとって、BookLive「15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年」ぐらい嬉しいものはないのではと思います。スマホ1つを所持していれば、好きな時に漫画に夢中になれます。
老眼で近くにあるものが見えにくい状態になったという高齢の読書好きな方には、スマホで電子書籍が読めるようになったというのは、大いに意味のあることなのです。文字の大きさを自分好みに調整できるからです。




15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年概要

                    
作品名 15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年
15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年ジャンル 本・雑誌・コミック
15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年詳細 15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年(コチラクリック)
15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年価格(税込) 756円
獲得Tポイント 15歳の機関助士 戦火をくぐり抜けた汽車と少年(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ