BookLive「ブックライブ」の作家という病無料試し読み


どこかしら「過剰」だからこそ作家なのだ--。小説新潮の編集に約30年携わり、同誌の編集長もつとめた著者が、鬼籍に入った思い出深い著者たちの記憶をたどる。渡辺淳一、山村美紗、遠藤周作、水上勉、井上ひさし、城山三郎、久世光彦……総勢21名の作家たちのそれぞれの業(ごう)を秘話満載で描く。(講談社現代新書)
続きはコチラ



作家という病無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


作家という病詳細はコチラから



作家という病


>>>作家という病の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」作家という病の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する作家という病を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は作家という病を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して作家という病を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」作家という病の購入価格は税込で「810円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




本のネットショップでは、総じて作者やタイトル以外、あらすじ程度しか見えてきません。ところがBookLive「作家という病」であれば、2~3ページくらいは試し読みで確認することができます。
使わないものは処分するという考え方が様々な人に広まってきた昨今、本も印刷した実物として所持することなく、BookLive「作家という病」を経由して愛読するという人が増加傾向にあります。
店舗では、置く場所の問題で陳列できる漫画の数に限度がありますが、BookLive「作家という病」の場合はそのような制限が必要ないので、発行部数の少ないタイトルも販売できるのです。
スマホで閲覧できるBookLive「作家という病」は、どこかに行くときの荷物を極力減らすのに一役買ってくれます。リュックやカバンの中などに読みたい本を入れて持ち運ぶなどしなくても、いつでもどこでも漫画を楽しむことができるというわけです。
サービスの具体的な中身に関しては、運営会社によって異なります。そんな訳で、電子書籍をどこで買い求めることにするのかは、比較検討するのが当たり前だと言えるでしょう。安直に決めるのは厳禁です。




作家という病概要

                    
作品名 作家という病
作家という病ジャンル 本・雑誌・コミック
作家という病詳細 作家という病(コチラクリック)
作家という病価格(税込) 810円
獲得Tポイント 作家という病(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ