BookLive「ブックライブ」の「私小説」を読む無料試し読み


志賀直哉、藤枝静男、安岡章太郎を貫く「私小説」の系譜。だが、著者はここで日本文学の一分野を改めて顕揚したり、再定義を下したりはしない。本書は、我々が無意識・無前提に受け入れている「読みの不自由さ」から離れ、ひたすら、いまここにある言葉を読むこと、「作品」の表層にある言葉の群との戯れを通じ、一瞬ごとの現在を生きようとする試みなのである。「読むこと」の深見と凄みを示す、文芸批評の名著。
続きはコチラ



「私小説」を読む無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


「私小説」を読む詳細はコチラから



「私小説」を読む


>>>「私小説」を読むの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」「私小説」を読むの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する「私小説」を読むを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は「私小説」を読むを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して「私小説」を読むを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」「私小説」を読むの購入価格は税込で「1404円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




本や漫画の購入代金は、1冊のみの料金で見れば安いと言えますが、好きなだけ買っていれば、月単位の合計金額は大きくなってしまいます。読み放題であれば固定料金なので、出費を抑制できます。
「ここに陳列されているすべての漫画が読み放題であったら、こんなに凄いことはない」という漫画オタクの要望をベースに、「月額料を納めれば毎回の支払いはいらない」というスタイルの電子書籍が生まれたわけです。
内容が理解できないままに、タイトルと著者名だけで漫画を購入するのは困難だと言えます。試し読み可能なBookLive「「私小説」を読む」というサービスを利用すれば、それなりに内容を確かめた上で買い求められます。
アニメが何より好きな方にとりましては、無料アニメ動画はすごく先進的なサービスです。スマホ1台あれば、好きな時に視聴することができるのです。
「人目につく場所に置き場所がない」、「読んでいることでさえ押し隠したい」と思ってしまう漫画でも、BookLive「「私小説」を読む」ならば周りの人に気兼ねせずに閲覧できます。




「私小説」を読む概要

                    
作品名 「私小説」を読む
「私小説」を読むジャンル 本・雑誌・コミック
「私小説」を読む詳細 「私小説」を読む(コチラクリック)
「私小説」を読む価格(税込) 1404円
獲得Tポイント 「私小説」を読む(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ