BookLive「ブックライブ」のリトル・バイ・リトル無料試し読み


ふみは高校を卒業してから、アルバイトをして過ごす日々。家族は、母、小学校2年生の異父妹の女3人。習字の先生の柳さん、母に紹介されたボーイフレンドの周、二番目の父――。「家族」を軸にした人々とのふれあいのなかで、わずかずつ輪郭を帯びてゆく青春を描いた、第25回野間文芸新人賞受賞作。
続きはコチラ



リトル・バイ・リトル無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


リトル・バイ・リトル詳細はコチラから



リトル・バイ・リトル


>>>リトル・バイ・リトルの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」リトル・バイ・リトルの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するリトル・バイ・リトルを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はリトル・バイ・リトルを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してリトル・バイ・リトルを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」リトル・バイ・リトルの購入価格は税込で「452円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




スマホ所有者なら、BookLive「リトル・バイ・リトル」をすぐに満喫できるのです。ベッドに寝そべりながら、眠りに就くまでのリラックスタイムに楽しむという人が多いようです。
電子無料書籍を有効活用すれば、手間暇かけて売り場まで赴いて内容をチェックする手間は一切なくなります。こんなことをしなくても、「試し読み」することで中身のチェックができるからなのです。
誰でも読める無料漫画を読むことができるようにすることで、利用する人を増やし利益増に繋げるのが電子書籍を運営する会社にとっての目的というふうに考えられますが、反対の立場であるユーザーも試し読みが出来るので、買うかどうかの判断に役立ちます。
要らないものは捨てるというスタンスが世間に認知されるようになった今日、本も単行本という形で所持することなく、BookLive「リトル・バイ・リトル」越しに閲読する方が多いようです。
電子書籍業界では今までとは違う「読み放題」というサービスが誕生し注目を集めています。1冊ごとにいくらではなくて、毎月いくらという料金徴収方式を採用しているのです。




リトル・バイ・リトル概要

                    
作品名 リトル・バイ・リトル
リトル・バイ・リトルジャンル 本・雑誌・コミック
リトル・バイ・リトル詳細 リトル・バイ・リトル(コチラクリック)
リトル・バイ・リトル価格(税込) 452円
獲得Tポイント リトル・バイ・リトル(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ