BookLive「ブックライブ」の津波と原発無料試し読み


被災者の肉声を横軸に、現地の歴史的背景を横軸に紡ぎ、各メディアから高い評価を得た東日本大震災ルポルタージュの傑作を文庫化。あの未曾有の大災害の、一週間後に津波に襲われた被災地各所を、一ヶ月半後には福島第一原発周辺の立ち入り禁止区域内を緊急取材した筆者が見たものとは――。「あのとき、何が起きたのか。何が問題になっているのか。佐野さんにしか表せない、骨太な文章に心を打たれた」(解説・菅原文太)
続きはコチラ



津波と原発無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


津波と原発詳細はコチラから



津波と原発


>>>津波と原発の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」津波と原発の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する津波と原発を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は津波と原発を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して津波と原発を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」津波と原発の購入価格は税込で「691円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




サービス内容については、会社によって変わります。ですので、電子書籍を何所で買うかというのは、比較すべき内容だと考えています。軽い感じで決めてしまうと後悔します。
多くの書店では、お客さんに売る漫画の立ち読みを禁止するために、ヒモでしばるのが一般的と言えるでしょう。BookLive「津波と原発」を有効利用すれば最初の部分を試し読みできるので、ストーリーをチェックしてから買えます。
「スマホなんかの画面では迫力が半減するのでは?」と疑念を抱く人もいるようですが、現実的にBookLive「津波と原発」をスマホで閲覧すれば、その便利さに驚かされる人が多いです。
読み放題プランというサービスは、電子書籍業界においてはそれこそ画期的とも言える試みです。利用者にとっても作家さんや出版社にとっても、魅力が多いと言うことができます。
本を通信販売で買う場合は、総じて表紙・タイトルの他、大ざっぱな内容のみが分かるだけです。だけれどBookLive「津波と原発」サイトの場合は、冒頭部分を試し読みすることが可能となっています。




津波と原発概要

                    
作品名 津波と原発
津波と原発ジャンル 本・雑誌・コミック
津波と原発詳細 津波と原発(コチラクリック)
津波と原発価格(税込) 691円
獲得Tポイント 津波と原発(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

このページの先頭へ